子育てとモウソウと読書とゲーム。美味しいものと素敵な暮らし

お茶ウケブログ

ゲーム

命をかけた裁判を切り抜けろ! ダンガンロンパレビュー

投稿日:

閉鎖された学園に閉じ込められた高校生たち。
出る為には仲間を殺さなきゃならない。
自分が殺したことは、誰にも知られてはならない――

★ダンガンロンパはPSPで遊べるゲームです★
★1と2が一緒になった「ダンガンロンパ1.2reloaded」がPSVITA、PS4で遊べます★
★ダンガンロンパは推理アドベンチャーゲームです★
★簡単。ゲームに慣れていない人でも遊べます★
★ちょっとグロい描写があるので、グロいのがダメな人は注意!★

ダンガンロンパ公式ホームページ
http://danganronpa.com/

※このレビューはPSPで遊び、2011年に書いたものを元に作成しています。

そもそも、ちょっと今までと違ったゲームをやりたいなと思っていた時に、TSUTAYAで見つけた「ダンガンロンパ」。
世界観と味付けを変えた逆転裁判かな? と思って購入しました。

やってみて、私自身はやはり「世界観と味付けを変えた逆転裁判」だと思ったのですが、他の方のレビューなどを見ていると「逆転裁判とは全く違う」という意見もあるので、人によって見方がかなり違うようです。

ダンガンロンパの世界観

まずはちょっとゲームの説明。

超高校級の学生だけが集まる「希望ヶ峰学園」。
主人公の苗木誠、その他クラスメイトとなる15人の高校生は、外界から遮断された学園内で一生暮らすこと、すなわち学園内から一生出られずに暮らさなければならないことを告げられる。

ただし、どうしてもそれが嫌なら、「卒業」して外の世界に出ることもできる。
「卒業」するのに必要な資格はただ一つ。「誰かを殺すこと」

というわけで、CV大山のぶよによる「モノクマ校長」の狡猾な誘導により、学園内で殺人事件が起きてしまいます。
おいたわしい。

ダンガンロンパのゲームシステム

殺人事件が起こると、すぐさま捜査パートで情報を集め、後に行われる「学級裁判」に備える準備をします。

学級裁判では、誰が真の「クロ」であるかを推理します。
ちなみに、見事クロを当てることができれば、クロ一人が「おしおき」され、(モノクマ校長にコロされてしまうのですっ!!)
残念ながらシロである誰かを「クロ」としてしまった時は、クロは卒業となり、その他全員が「おしおき」されてしまいます。
これは、命がかかった緊迫の裁判なのです…。

また、「推理アクション」ゲームであるところの「アクション」部分はこの学級裁判パートで行われます。
シューティングとリズムゲームで相手をロンパしていきます。

よりオシャレそしてダークにした推理ゲーム。ただし推理難易度ははザコ仕様

ダンガンロンパというゲームのキモはやっぱり「設定」と「世界観」かな? と思います。
そこを受け入れられるか、そこにハマれるかどうかで好きか嫌いかが、
かなり分かれるゲーム。

そもそも、「どうして閉じ込められなきゃいけないの?」
という大きな疑問が最初にあり、その謎に迫っていく過程でどんどん仲間が減っていってしまう。

その時切ないような、怖いような、気持ちになるのだけど、その気持ちに上手に入り込めて、ダンガンロンパの世界に入り込める人がこのゲームをものすごく高く評価するのではないかなぁと思いました。

私は、元々少し苦手な方向の世界だし、おしおきも苦手な描写で直視せずだったので、ちょっとハマれませんでした。
(流血がとにかくだめなもので…)

推理について。かなり簡単。
推理小説を読みなれていたり、推理アドベンチャーゲームが好きだったり、2時間ドラマフリークの方は、殺人が起きた時点で犯人が分かってしまうこともあるかと思います。私も半分はそんなかんじでした。

犯人、トリックともやさしいので、少し物足りなかったかなと思います。

難易度は、推理、アクションとも「難しい」で挑みましたが、
捜査パートも時間制限などはないし、(ヒントが少なくなるだけらしい)
アクションパートもものすごく難易度が高くなってしまうことはありませんでした。

私はあまりハマれず、やはり推理ゲームということで逆転裁判と比べてしまって、ちょっと劣るかな~というのが印象。
でも、総じていうなら良ゲームです!!
ダンガンロンパの公式ホームページなども見て、できるなら体験版もやって、購入前に雰囲気に耐えられるかどうか確認するいいと思います。

やり応えのある推理ゲームを求めている人には物足りないと思う。
バトルロワイヤルみたいな世界観が好きな人にはオススメ。かつ、キャラに感情移入していくタイプの方には、かなりヒットするかもしれません。

ジャンル:ハイスピード推理アクション
プレイ時間:15~20時間くらい
       基本的に一本道なので、クリアまでそんなに時間はかからない
       一般的なボリュームだと思います。

ボリューム感:★★(携帯ゲームの一般的なボリューム。私はちょっと物足りない)
難易度   :★★(推理、アクションパートそれぞれの難易度を自分で選べます)
面白さ   :★★★(まあまあ面白い。推理もの好きには歯ごたえがないかな)
オススメ度 :★★☆(世界観の問題もあり、人を選ぶ。好きな人は好き)

合わせて読みたい


no image
侍だぜ。武蔵はときめくぜ。龍が如く 見参! レビュー

天下分け目の関が原 名を上げる為はせ参じ 世の陰謀に飲み込まれ 名を隠しつつ時を待つ―― ★龍が如く 見参! はPS3で遊べるゲームです★ ★このゲームはアクション要素を含みます。アクションRPGです ...

-ゲーム
-, ,

Copyright© お茶ウケブログ , 2021 All Rights Reserved.