子育てとモウソウと読書とゲーム。美味しいものと素敵な暮らし

お茶ウケブログ

日常 育児

子育てで一番大変だったときなど(1歳4か月時点)の覚書

更新日:

早いもので子供がうちに来てからほぼ1年と4か月がたちました。子供はほんとうに可愛くて素晴らしいです。とくに素晴らしいところは、すべてに一生懸命なところです。昨日できなかったことが今日できるようになる。そのために飽きずに、時には泣きながら毎日何かを獲得しています。このように生きることは最早わたしには無理ですが、その純粋な好奇心や探求心には感動します。母に感動をありがとう。

1歳を過ぎた頃、これまでのことを軽くまとめてみたいなと思っていたものの、その頃は精神的、体力的に余裕がなかった。保育園に行き始めて少しこっちにも余裕ができたので、忘れないうちにいろいろ書いておこうと思います。できれば、初めて子供を持つ方の参考になれたらうれしいです。

生まれた瞬間親になっていったわけじゃなかったこと

子供が生まれて、今、やっとわたしも「なんだかわたし、お母さんになったわ」と思います。赤ちゃんには手がかかるのでもちろん必要なお世話はしていましたが、自分の気持ちが「お母さん」になるのは徐々に徐々に、ゆっくりとだったような気がします。

生まれて、コットに入っているわが子はもちろん可愛かったけど、なんだか不思議な感じだった。お世話も初めてのことばかりなので大変だし慣れないし、ちょっと忘れかけているけど正直「めんどくさいぜー」って気持ちが今よりもずっとずっと大きかったと思う。生まれた時から、確かに赤ちゃんは可愛かった。でも、今のほうがもっと可愛い。「ママ」って呼ばれる度に、ほんとうに嬉しい。子供に呼び掛けられるたび、ほんの少しずつわたしも母親になってきたのかなと思います。

魔の●● の時期はある

定期的にものすごく機嫌が悪くなる時期がある。「魔の三歳児」と言うけど、検索すると「魔の三か月」とかもある。子育てがつらくなる時期。子供は機嫌が悪いからこっちも機嫌が悪くなるし、疲れも出てくるし。。。みたいなことがネットに書いてあった。だいたい、子供の精神/肉体/脳/のいずれかが急速の成長する時に子育てが難しくなるみたい。

辛い……。と感じた時に検索するとだいたいみんな同じ時期に同じようなことで悩んでいるから少し安心できた。このアップデートも何回か経験すると「最近すごく難しいぞ。今度はなにがアップデートされるのかな?」と感じられるようになる。そうなってきて、ちょっと楽になったかな。

一番大変だった時期。一番つらかったこと。

1歳前後の2~3か月間。
一時的に夜泣きが激しくなり、夜寝なくなった。わたし自身が夜寝られないのが本当にダメなので、かなり辛かった。できれば本人から離れるまで母乳育児を続けたいと思っているが、この時はくじけそうになって夜中に何度も断乳や夜間断乳について調べていた。

また、同じ頃噛み癖がひどかったため、それも辛かったし、頭にきた。
冷静になるために子供をリビングと少し距離をとったり……、でもそうするとこちらを求めて泣くし。毎日毎日どこかしらを噛まれてあざになってしまって、子供から離れたいと思うことが多かった。

寝られない時期と噛み癖の時期が重なり、本当に辛かった。ダントツで一歳前後が一番子育てが難しかった。

離乳食は適当でも大丈夫だった

離乳食はかなり手を抜いていたし、子供は1歳くらいから刺激物やアレルギー性のものがないかだけを気を付けて、もうほぼ大人と同じものを食べている。(食べる前にハサミで食材を細かくしているくらい)。市が行っている離乳食講習も行ったけど、正直あんなにたくさん毎食作ってられない。「母乳育児の会」の離乳食本を参考に中期頃からわりと大人と子供は同じものを食べていた。

うちの子は小さいし、食べムラもある。けど、元気だし体重は増えないけど身長はきちんと伸びているので、問題ないと思っている。

子供は親の言うことを理解している

まだ子供がねんねの頃、キッチンで夕飯の支度をしていたら子供がぎゃん泣きした。ついそっちに気を取られて、自分の指を包丁でざくっとやってしまったことがある。けっこう深くて、子供が泣いてるとかそれどころではなくなった。子供に「ちょっと待ってて」といって消毒やら絆創膏やら手当をしていた時、子供は泣き止んでおとなしくしていた。

まだねんねだったから3カ月くらいだったと思う。子供は親の言うことを理解している。子供は、ものすごい洞察力でこちらの言動がどの程度のものなのか見抜いている。

例えば、うちの子はいくら「テレビを叩くのをやめて」と言っても毎日叩いてしまうのだが、ご飯の配膳をしている時に勝手におかずや汁物に触らない。こちらがほんとうに危ないのでやめてほしいと思っていることに対して「やめて」というと、こちらを見て、やめる。

でもテレビを叩くのも危なくないわけではないし、壊れたら困るから本当にやめてほしいんだけどね。

すぐに大きくなってしまう

ほんとうに、1歳にならないうちに立つし、しゃべるし、こんなに成長が著しいのは今だけだとわかっていてもびっくりしてしまう。そして親は感動する。本当にうちに来てくれてありがとうね。という気持ち。できるだけ記録にも記憶にも感情にも残しておきたい。子供がこんなに親を求めてくれるのはほんとうに今だけだもんね。

まとめ

子供は、可愛い。すごい。愛してる。
どの子もみんな、すごい。かわいい。素晴らしい。
世界にいるすべての子供が安らかで幸せでありますように。

と祈ってしまうくらい、今は幸せです。今後のいやいや期が怖いです。

-日常, 育児

Copyright© お茶ウケブログ , 2021 All Rights Reserved.